乾燥肌のために開発された化粧水|サラッとした肌触りにご満悦

自分に合った洗顔フォーム

困る女性

ビーグレンの化粧品は無添加化粧品ではありませんが、これは化粧品において非常に大切なことです。防腐剤を代表とする添加物は商品を維持する上で必要なものです。しかしながら、石油系界面活性剤は含まれていません。界面活性剤は肌を乾燥させてニキビができやすい肌になります。また、ラインを利用しないと効果を実感することができない化粧品も多くありますが、ビーグレンはラン利用は不要です。さらに、モリモロナイトや尿素などの成分は使われていません。これらの成分は肌に負担がかかることがありません。無添加で高濃度のビタミンc誘導体が配合されているので、ニキビケアとニキビ跡のケアも同時にできます。ビーグレンの化粧品にはこのような特徴があります。

ビーグレンはQソームという浸透技術が使われているので、必要な有効成分を肌の奥深くまで届けることができます。洗顔フォームであれば、肌になじみやすく安定的に効果を発揮されますので、肌の汚れや古い角質をきちんと吸着させて洗い落とします。また、ニキビの炎症を和らげる働きもあるグリチルリチン酸2kや肌に保護膜を張ることができるスクワランやカモミラエキスが配合されているので、おすすめです。さらに、ヒアルロン酸も含まれているので保湿効果を発揮します。とろりとした肌触りなので肌の保護膜も形成してくれます。これはニキビの炎症を抑制する上でも重要です。洗顔フォームだけでなくいろいろな化粧品がありますので、自分に合ったものを買いましょう。